第41回赤旗まつりに参加

●1区共産党後援会のみなさんと

11月2、3日と東京で開催された第41回赤旗まつりに、1区共産党後援会の皆さんと一緒に参加してきました。

2日は天候にも恵まれ、志位委員長の記念講演、そして八代亜紀オンステージがあり、参加者が会場あふれんばかりの状態で、400mトラックの運動場が見渡す限り人、人、人となっていました。

記念講演前に、各都道府県議員・予定候補者の紹介もあり、中央ステージからの参加者も多かったが、さすがは大歌手の人気と動員力には感服です。でも共産党のステージに上がるということへのプレッシャー結構あるのではと勝手に思っていました。

全国物産コーナーはどこでもいっぱいで、食べ物を買おうと思っても長蛇の列で何も買えませんでした。終わりがけに群馬の郷土の名物「焼きまんじゅう」を買って中京のみなさんに味わってもらいました。

●懐かしい友と沖縄のたたかいに連帯

広い広い会場には3ヶ所しか喫煙コーナーがなく、思いがけない友人と会うことができました。一人は高校の先輩で空手を教えていただいた笠原さんでした。今は私と同じような「体系」となり、昔空手をしていたとは思えない体型にお互いニンマリとした一瞬でした。

もう一人は群馬にいる私の兄です。お互いに同じ場所でたばこを吸いながら、気付かず電話で居場所確認をしたら、同じ場所で喫煙中でした。兄とは近況交換で別れました。

その直後に今度は、聞き覚えのある声がするので声の主を見ると、沖縄の民商を再建した友人中根修さんでした。開口一番「沖縄知事選の最中にこんなところに来ていて良いのか」と聞いたら、選挙カンパ集めとベトナム戦争時代の戦場カメラマン「石川文洋さん」と同行で来ていると言うので、沖縄物産コーナーで石川さんに会ってきました。

石川さんと写真を撮り、ベトナムホーチミン市の戦争記念館の写真の話や辺野古の基地建設反対で海保の違法無法な状況と県民の戦いなどの話をして、沖縄知事選勝利、基地反対運動の健闘を祈り僅かばかりのカンパをしてきました。

中根さんとは、京都で沖縄知事選や辺野古のたたかい、基地反対運動、平和への思いなどの交流ができるような機会を作りたいので協力要請をして、快諾を受けて別れました。

全国では様々なたたかいと運動が展開されており、まさに共同の広がりを実感し、京都も頑張らなければと決意を新たにしました。

安倍政権の暴走にストップをかけ、消費税増税阻止のたたかい、丹後Xバンドレーダー米軍基地建設反対の運動など、沖縄と連帯した戦いで、次はいっせい地方選挙、中京3名当選で流石京都だと言われるような運動をと夢の島で決意が高まりました。