節電の補助金制度ができました 電気屋さんに説明

 関西電力の電気料金値上げに対し、消費者や商工業者の怒りの声が広がっています。こうした中で、京都府が商工業者向けに緊急節電対策の設備に補助金を出す制度をつくりました。

 22日から申請の受付が始まりましたので、さっそく平井良人京都市議候補と中京区内のすべての電気屋さんに説明にまわりました。

 この制度は、わが党議員団が一貫して中小業者振興と支援を京都府に求めてきたものです。

 電気屋さんから「大型量販店に市場をとられて経営が大変」などの不安や怒りの声が出されるとともに、「共産党はこういう制度実現にようやってくれた」「これを利用して営業ができる」と期待の声が寄せられました。

 私と、平井候補は、制度がさらに使いやすものにするよう頑張るとのべるとともに、また、来年実施されようとしている消費税増税ストップへの協力を呼びかけを訴えました。